かぼちゃの馬車問題、TATERU問題、スルガ銀行問題、レオパレス問題、サブリース問題で

個人の不動産投資は過渡期を迎えています。

今後不動産投資は安易に行えなくなる事は言うまでもないでしょう。

また現在、収益性を無視した不動産投資を行ってしまい自己破産をしている方も増加し始めています。

それでも不動産投資は投資として非常に魅力的である事は言うまでもありません。

今回はこれから不動産投資を始める方のための不動産投資の心得をお伝えします。

不動産賃貸業はサービス業である

まず不動産投資を始める際に肝に銘じて欲しい事は不動産賃貸業はサービス業であるという事です。

入居者の方はお客様でそのお客様が物件を気に入ってくれて入居してくれています。

そして入居者が支払う賃料により銀行への借金返済のための原資になります。

昔の様に「貸してあげている」なんて気持ちを持っていたら恐らく失敗する事は目に見えています。

今では新築でも礼金なんて取れない物件は当たり前の様にあります。

そればかりか募集するにあたり仲介業者に広告料を支払ったり、お部屋を良く見せるために家具を設置したり、

プレゼントなどを用意する事もあります。

いかに所有している物件が魅力的に見えるか、そして選んで貰えるかを管理会社だけでなくオーナーも

考えていかなければなりません。

賃貸管理会社はパートナーである

不動産投資を始める際に重要となるのが管理会社です。

多くの方が購入した際に間に入ってもらった仲介会社や既存の賃貸管理会社さんに任せる事が多いと思いますが、

まずはしっかり管理会社さんの能力を見極めた方が良いと思います。

上手くいかない不動産投資の多くが管理会社がキャッシュフローに対する意識が低いためです。

管理会社によっては管理だけ行えば良く、オーナーの台所事情を知らなくても良いと思っていますが、

それでは連携して運用を行っていけません。

例えば空室が何部屋になってしまうと毎月々の元利金の返済に足りなくなってしまうか、

修繕費や募集費用が多い月はどうなのか、ある程度の情報を管理会社が知っている事で

管理会社の動きも変わってくるのだろうと思います。

オーナーの中で稀に賃貸管理会社を下に見て鼻で使うように言い方や無理難題を言うオーナーもいますが、

そうではなく何が問題で管理会社がどの様な管理をすれば良いなど本質的な部分を互いに話合うべきです。

また初めてオーナーにあるのですが、管理会社に任せきりで管理会社がずさんな管理を行っていても、

「それが当たり前」になってしまうと不動産投資は必ず失敗をします。

重要な事を纏めると管理会社は不動産投資の成功を担う役割であり、オーナーと良きパートナーでいられる事で

互いにwin-winの関係を築けます。

過度に管理会社に様々な事を求めてはいけませんが、まず自身が合うと思う管理会社で様々な部分で相談に乗って貰える、

しっかりとビジネスと捉えてくれ連携が取れる管理会社を探すようにしましょう。

一般的な仕事と同様にやはり「ホウ・レン・ソウ」です。

元々の管理会社や管理経験が仲介会社さんなどに安易に任せるのはご法度です。

不動産投資は数字との闘いである

不動産投資には多くのお金が動きます。物件を購入する時であれば金融機関からの借入、自己資金、仲介手数料、司法書士への報酬や登録免許税など

また購入後には元利払い金、管理費、修繕費、広告料、保険料、固都税、不動産取得税など

そしてこの中で毎月の収入からどれだけの費用や支払いがあるか、

・空室の募集するための募集費用

・管理会社に支払う管理費

・修繕などが発生した場合の修繕費

毎年支払う費用であれば

・固都税

・保険料

どの場面でどんな収入がありどんな費用がかかり、その残った金額で銀行に返済をし、利益がでれば所得税などが課税されます。

その結果が不動産投資の成果に繋がります。空室ができれば収入が減る、築年数が経過すれば修繕費もかかってくるし、募集するためにお部屋にかける修繕費や募集費用も高額になってきます。

こうした当たり前の事をしっかり理解する事が非常に重要です。

毎月自身の給与がいくらか知らない人は殆どいないと思いますが、不動産投資となると保有する物件から

毎月どれだけ収支があるか気にしていない方がとても多いのが実状です。

不動産投資も経営と同じで数字を意識して保有期間中の成果を常に気にしていきましょう。

おわりに

ここまでお読み頂いて不動産投資は面倒だなと思う方も出てくると思います。

もし面倒だと思われる方は不動産投資を行わない方が良いと思います。

自己破産をしている不動産投資家の殆どが、「任せきり」「不労所得」「お金を気にしない」です。

数千万、数億円の借金をするのにそんな気持ちではうまく行かないのは当然です。

今ではネットでも書籍でもいくらでもご自身で不動産投資を勉強する事ができます。

少なくとも基礎的知識が載っている書籍を4~5冊読むくらいの気持ちがないといけないと思います。

楽に稼げるなんて言うのは営業トークで現実はそう甘くありません。

著者:日本AMサービス 堂下 葉

不動産投資家の心得https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2019/06/9594656_l.jpg?fit=1024%2C680https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2019/06/9594656_l.jpg?resize=150%2C150yodoshita賃貸管理賃貸経営かぼちゃの馬車問題、TATERU問題、スルガ銀行問題、レオパレス問題、サブリース問題で個人の不動産投資は過渡期を迎えています。今後不動産投資は安易に行えなくなる事は言うまでもないでしょう。また現在、収益性を無視した不動産投資を行ってしまい自己破産をしている方も増加し始めています。それでも不動産投資は投資として非常に魅力的である事は言うまでもありません。今回はこれから不動産投資を始める方のための不動産投資の心得をお伝えします。不動産賃貸業はサービス業であるまず不動産投資を始める際に肝に銘じて欲しい事は不動産賃貸業はサービス業であるという事です。入居者の方はお客様でそのお客様が物件を気に入ってくれて入居してくれています。そして入居者が支払う賃料により銀行への借金返済のための原資になります。昔の様に「貸してあげている」なんて気持ちを持っていたら恐らく失敗する事は目に見えています。今では新築でも礼金なんて取れない物件は当たり前の様にあります。そればかりか募集するにあたり仲介業者に広告料を支払ったり、お部屋を良く見せるために家具を設置したり、プレゼントなどを用意する事もあります。いかに所有している物件が魅力的に見えるか、そして選んで貰えるかを管理会社だけでなくオーナーも考えていかなければなりません。賃貸管理会社はパートナーである不動産投資を始める際に重要となるのが管理会社です。多くの方が購入した際に間に入ってもらった仲介会社や既存の賃貸管理会社さんに任せる事が多いと思いますが、まずはしっかり管理会社さんの能力を見極めた方が良いと思います。上手くいかない不動産投資の多くが管理会社がキャッシュフローに対する意識が低いためです。管理会社によっては管理だけ行えば良く、オーナーの台所事情を知らなくても良いと思っていますが、それでは連携して運用を行っていけません。例えば空室が何部屋になってしまうと毎月々の元利金の返済に足りなくなってしまうか、修繕費や募集費用が多い月はどうなのか、ある程度の情報を管理会社が知っている事で管理会社の動きも変わってくるのだろうと思います。オーナーの中で稀に賃貸管理会社を下に見て鼻で使うように言い方や無理難題を言うオーナーもいますが、そうではなく何が問題で管理会社がどの様な管理をすれば良いなど本質的な部分を互いに話合うべきです。また初めてオーナーにあるのですが、管理会社に任せきりで管理会社がずさんな管理を行っていても、「それが当たり前」になってしまうと不動産投資は必ず失敗をします。重要な事を纏めると管理会社は不動産投資の成功を担う役割であり、オーナーと良きパートナーでいられる事で互いにwin-winの関係を築けます。過度に管理会社に様々な事を求めてはいけませんが、まず自身が合うと思う管理会社で様々な部分で相談に乗って貰える、しっかりとビジネスと捉えてくれ連携が取れる管理会社を探すようにしましょう。一般的な仕事と同様にやはり「ホウ・レン・ソウ」です。元々の管理会社や管理経験が仲介会社さんなどに安易に任せるのはご法度です。不動産投資は数字との闘いである不動産投資には多くのお金が動きます。物件を購入する時であれば金融機関からの借入、自己資金、仲介手数料、司法書士への報酬や登録免許税などまた購入後には元利払い金、管理費、修繕費、広告料、保険料、固都税、不動産取得税などそしてこの中で毎月の収入からどれだけの費用や支払いがあるか、・空室の募集するための募集費用・管理会社に支払う管理費・修繕などが発生した場合の修繕費毎年支払う費用であれば・固都税・保険料どの場面でどんな収入がありどんな費用がかかり、その残った金額で銀行に返済をし、利益がでれば所得税などが課税されます。その結果が不動産投資の成果に繋がります。空室ができれば収入が減る、築年数が経過すれば修繕費もかかってくるし、募集するためにお部屋にかける修繕費や募集費用も高額になってきます。こうした当たり前の事をしっかり理解する事が非常に重要です。毎月自身の給与がいくらか知らない人は殆どいないと思いますが、不動産投資となると保有する物件から毎月どれだけ収支があるか気にしていない方がとても多いのが実状です。不動産投資も経営と同じで数字を意識して保有期間中の成果を常に気にしていきましょう。おわりにここまでお読み頂いて不動産投資は面倒だなと思う方も出てくると思います。もし面倒だと思われる方は不動産投資を行わない方が良いと思います。自己破産をしている不動産投資家の殆どが、「任せきり」「不労所得」「お金を気にしない」です。数千万、数億円の借金をするのにそんな気持ちではうまく行かないのは当然です。今ではネットでも書籍でもいくらでもご自身で不動産投資を勉強する事ができます。少なくとも基礎的知識が載っている書籍を4~5冊読むくらいの気持ちがないといけないと思います。楽に稼げるなんて言うのは営業トークで現実はそう甘くありません。著者:日本AMサービス 堂下 葉~次世代のための賃貸経営情報~
共有する