当サイトで以前にも指摘させて頂いた新築ワンルーム投資についての是非

かぼちゃの馬車問題(現実的でない賃料設定と明らかに高額物件の販売)や

レオパレス問題(設計図通りに施工されていない、サブリース賃料問題)など

を皮切りに不動産投資市場は大きく変化し「不動産投資 失敗」と言うフレーズが巷を賑わせ始めています。

そんな不動産投資の失敗例として特に「新築ワンルームマンション投資」の話が増加しています。

当サイトで紹介した「新築ワンルーム投資」についての記事

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

出典:Reibee~次世代の賃貸経営情報~ 
出典:Reibee~次世代の賃貸経営情報~

増加する新築ワンルーム投資の相談

・営業マンに言われるがまま新築ワンルーム投資を購入してしまった

Aさんの例:

将来の年金のため、サラリーマン所得の節税のためと言われて購入をした新築ワンルーム投資。

購入後にはまったく営業マンが言う効果はまったく得られない事に気が付いてしまい不安しかない。

・サブリース業者の賃料が滞る事があり、銀行への返済に困っている

Bさんの例:

物件を購入した不動産会社がサブリースに入っていたが、不動産市場の悪化により業績が悪くなり、

サブリース賃料が滞る様になってしまった。金融機関への返済で毎月8万円の持ち出しが発生している。

・購入していた収支以外に費用がかかる(原状回復費、修繕費、保険、固都税)

Cさんの例:

入居者がいれば、月々の持ち出しは数千円程度だが、一度でも空室になると空室期間中の返済の持ち出し、

原状回復費用、募集費用などがかかる。毎年請求のくる固定資産税はサラリーマン所得のボーナスから支払をしている。

・将来、本当に年金代わりになるのか懐疑的

Dさんの例:

電話営業による営業マンのセールストークを信じて購入した新築ワンルームですが、借入金の返済が終わる25年後に

現在の賃料を維持している事やサブリース契約が継続していく事が現実的に考えられない。

・物件を売却をしたくても借金を返す事ができないため多額の持出しが必要

Eさんの例:

安易に手を出してしまった新築ワンルーム投資、購入してから3年目を迎えた頃から、借入元本がまったく減らず

自己資金の持ち出しが発生する事が多くなったので、物件を手放す事を決意した。

インターネットで査定を行いましたが、購入額の7割程度の査定にしかならず、物件を売却するとなると借金返済のため数百万円の自己負担が必要となる。

投資は失敗かも?と思ったらまず相談

運用の改善ができるのか?

金融機関への返済猶予は可能なのか?

不動産投資で自己破産をする事はできるのか?

当社で実際に新築ワンルーム投資を行った方の相談を受けると多くの方が

「相談できる人がいなかった」と言います。

早めに相談をしてくれたら様々な打開策はありますが、どうしようもなくなったしまっても打開策はあります。

なるべく早めに相談をして頂く事をお勧めします。

殆どの方が相談をして精神的ストレスから解放され気持ちが楽になったと言います。

無料相談の流れ

お電話の場合:03-5623-2325 「新築ワンルーム投資の件で」とお伝え下さい。

メールの場合: info@japan-am-service.com宛てに件名「新築ワンルーム投資」と入力して頂き詳細をお伝え下さい。

お問い合わせフォームは下記をクリック下さい。

①物件の情報、債務額、お仕事、年齢、資産状況などをヒアリングさせて頂きます。

②物件のキャッシュフローの将来性や現状のキャッシュフローの確認をさせて頂きます。

③ 上記を踏まえて対応策をご提案させて頂きます。

※様々な視点でご提案できる様に当社では不動産鑑定士、弁護士と連携をしております※

自己破産 新築ワンルーム投資https://i2.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2018/08/47687058_l.jpg?fit=1024%2C1024https://i2.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2018/08/47687058_l.jpg?resize=150%2C150yodoshita不動産マーケット不動産法務賃貸経営当サイトで以前にも指摘させて頂いた新築ワンルーム投資についての是非かぼちゃの馬車問題(現実的でない賃料設定と明らかに高額物件の販売)やレオパレス問題(設計図通りに施工されていない、サブリース賃料問題)などを皮切りに不動産投資市場は大きく変化し「不動産投資 失敗」と言うフレーズが巷を賑わせ始めています。そんな不動産投資の失敗例として特に「新築ワンルームマンション投資」の話が増加しています。当サイトで紹介した「新築ワンルーム投資」についての記事↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://reibee.japan-am-service.com/%E6%96%B0%E7%AF%89%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E6%88%90%E5%8A%9F%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%81%AF%E3%80%87%EF%BC%85/ 出典:Reibee~次世代の賃貸経営情報~ http://reibee.japan-am-service.com/%EF%BC%88%E7%B6%9A%EF%BC%89%E6%96%B0%E7%AF%89%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E6%88%90%E5%8A%9F%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%81%AF%E3%80%87%EF%BC%85/ 出典:Reibee~次世代の賃貸経営情報~増加する新築ワンルーム投資の相談・営業マンに言われるがまま新築ワンルーム投資を購入してしまったAさんの例:将来の年金のため、サラリーマン所得の節税のためと言われて購入をした新築ワンルーム投資。購入後にはまったく営業マンが言う効果はまったく得られない事に気が付いてしまい不安しかない。・サブリース業者の賃料が滞る事があり、銀行への返済に困っているBさんの例:物件を購入した不動産会社がサブリースに入っていたが、不動産市場の悪化により業績が悪くなり、サブリース賃料が滞る様になってしまった。金融機関への返済で毎月8万円の持ち出しが発生している。・購入していた収支以外に費用がかかる(原状回復費、修繕費、保険、固都税)Cさんの例:入居者がいれば、月々の持ち出しは数千円程度だが、一度でも空室になると空室期間中の返済の持ち出し、原状回復費用、募集費用などがかかる。毎年請求のくる固定資産税はサラリーマン所得のボーナスから支払をしている。・将来、本当に年金代わりになるのか懐疑的Dさんの例:電話営業による営業マンのセールストークを信じて購入した新築ワンルームですが、借入金の返済が終わる25年後に現在の賃料を維持している事やサブリース契約が継続していく事が現実的に考えられない。・物件を売却をしたくても借金を返す事ができないため多額の持出しが必要Eさんの例:安易に手を出してしまった新築ワンルーム投資、購入してから3年目を迎えた頃から、借入元本がまったく減らず自己資金の持ち出しが発生する事が多くなったので、物件を手放す事を決意した。インターネットで査定を行いましたが、購入額の7割程度の査定にしかならず、物件を売却するとなると借金返済のため数百万円の自己負担が必要となる。投資は失敗かも?と思ったらまず相談運用の改善ができるのか?金融機関への返済猶予は可能なのか?不動産投資で自己破産をする事はできるのか?当社で実際に新築ワンルーム投資を行った方の相談を受けると多くの方が「相談できる人がいなかった」と言います。早めに相談をしてくれたら様々な打開策はありますが、どうしようもなくなったしまっても打開策はあります。なるべく早めに相談をして頂く事をお勧めします。殆どの方が相談をして精神的ストレスから解放され気持ちが楽になったと言います。無料相談の流れお電話の場合:03-5623-2325 「新築ワンルーム投資の件で」とお伝え下さい。メールの場合: info@japan-am-service.com宛てに件名「新築ワンルーム投資」と入力して頂き詳細をお伝え下さい。お問い合わせフォームは下記をクリック下さい。http://reibee.japan-am-service.com/contact-us/①物件の情報、債務額、お仕事、年齢、資産状況などをヒアリングさせて頂きます。②物件のキャッシュフローの将来性や現状のキャッシュフローの確認をさせて頂きます。③ 上記を踏まえて対応策をご提案させて頂きます。※様々な視点でご提案できる様に当社では不動産鑑定士、弁護士と連携をしております※~次世代のための賃貸経営情報~
共有する