賃貸経営は購入してからが腕の見せ所

保有期間中にはネガティブなニュースは時にはあります。

40年で日本の空家数は5倍増に!?

『不動産テック(ReTech)』で中古住宅市場はどう変わるのか

http://getnews.jp/archives/1616539

 

これが事実となると賃貸経営に与える影響は本当に大きいものです。

こうしたネガティブな話を聴いてしまうと今後の不動産投資に不安を抱える方も多いと思います。

しかしながらいつもお伝えする様に現代の賃貸経営は努力なしには勝ち残る事が難しい時代です。

そのため努力を怠らなかった大家さんが「勝ち組」になると言う事です。

 

今後の不動産投資は、将来的な事実を予想すると長期間投資で考える事が非常に難しくなります。

 

恐らく保有していれば「不労所得」という端的な発想の投資ではなくなります。

 

一昔前の物件が朽ち果てるまで保有して、最後は土地で売却するという戦略も

よっぽど費用をかけないとできない市場の様に思います。

 

今後の不動産投資=既存の考え方では成り立たなる可能性が高い

 

不動産投資もここ数年で個人の方にも一般的になりました。

今後は購入した者が「勝ち」ではなく、うまく運用できた物が「勝ち」となる世の中でしょう。

 

賃貸経営において当たり前の様に考えられていた事も

さらに突き詰めて考えなくてはいけなくなるのでしょう。

 

他の所得との節税効果、相続時の節税効果 ⇒ 個人のライフサイクルなどを意識する

運用期間中の費用対効果を意識 ⇒ 収益率の悪い物件は入れ替え

市場の流れを考慮した売買 ⇒ 次の投資につなげる動き

 

Iotなどを代表とする、技術革新によりスマートキーやIT家電など

そうしたハード的な部分も賃貸市場にもどんどん普及されて行く事でしょう。

 

しかしながら現実には多くのサラリーマン大家さんが購入している物件は

既に築20年を超えるアパートであったりします。

 

現状の市場に動向に合わせた物件価値を考えると相当のビハインドを背負っている事は言うまでもありません。

 

非常に大きなリスクです。

 

今すぐにどうにかなってしまうと言う事はないとは思いますが、

現実を見極めた運用や方法論を考えて動いていかなくてはいけないタイミングがすぐにやってくるでしょう。

 

著者:日本AMサービス 代表 堂下 葉

https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/02/bcb6eda0701008a50942d98b8e69e622.jpg?fit=811%2C590https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/02/bcb6eda0701008a50942d98b8e69e622.jpg?resize=150%2C150yodoshita不動産マーケット賃貸経営金融賃貸経営は購入してからが腕の見せ所保有期間中にはネガティブなニュースは時にはあります。40年で日本の空家数は5倍増に!?『不動産テック(ReTech)』で中古住宅市場はどう変わるのかhttp://getnews.jp/archives/1616539 これが事実となると賃貸経営に与える影響は本当に大きいものです。こうしたネガティブな話を聴いてしまうと今後の不動産投資に不安を抱える方も多いと思います。しかしながらいつもお伝えする様に現代の賃貸経営は努力なしには勝ち残る事が難しい時代です。そのため努力を怠らなかった大家さんが「勝ち組」になると言う事です。 今後の不動産投資は、将来的な事実を予想すると長期間投資で考える事が非常に難しくなります。 恐らく保有していれば「不労所得」という端的な発想の投資ではなくなります。 一昔前の物件が朽ち果てるまで保有して、最後は土地で売却するという戦略もよっぽど費用をかけないとできない市場の様に思います。  今後の不動産投資=既存の考え方では成り立たなる可能性が高い  不動産投資もここ数年で個人の方にも一般的になりました。今後は購入した者が「勝ち」ではなく、うまく運用できた物が「勝ち」となる世の中でしょう。 賃貸経営において当たり前の様に考えられていた事もさらに突き詰めて考えなくてはいけなくなるのでしょう。 他の所得との節税効果、相続時の節税効果 ⇒ 個人のライフサイクルなどを意識する運用期間中の費用対効果を意識 ⇒ 収益率の悪い物件は入れ替え市場の流れを考慮した売買 ⇒ 次の投資につなげる動き Iotなどを代表とする、技術革新によりスマートキーやIT家電などそうしたハード的な部分も賃貸市場にもどんどん普及されて行く事でしょう。 しかしながら現実には多くのサラリーマン大家さんが購入している物件は既に築20年を超えるアパートであったりします。 現状の市場に動向に合わせた物件価値を考えると相当のビハインドを背負っている事は言うまでもありません。 非常に大きなリスクです。 今すぐにどうにかなってしまうと言う事はないとは思いますが、現実を見極めた運用や方法論を考えて動いていかなくてはいけないタイミングがすぐにやってくるでしょう。 著者:日本AMサービス 代表 堂下 葉~次世代のための賃貸経営情報~
共有する