VRや360°画像などが不動産業界にも浸透しつつあります。

物件を実際に現地に行かなくても雰囲気を知る事ができるのは画期的だと思います。

今では完成していない物件のお部屋などのVRでイメージ画像が確認できるサービスなどもあります。

下記の動画をご覧ください!こちらは20分位の作業で作成した動画になります。

非常に完成度が高くお部屋の雰囲気を十分に感じられるのではないでしょうか。

 

VRや360°画像とは

VRとはバーチャル・リアルティの訳でVRカメラなどを使って現実的にはその場にいないのに

現場に行った時と同じような環境を体験できる技術になります。

SONYが発売したPlaystationのスコープをご存知の方も多いと思います。

スコープを取付て画像を360°方向を見る事で静止画や動画を見る事ができ、

こうした技術を駆使したゲームなどで遊ぶことができます。

後ろを向いても上を向いても画像が見る事ができるので現実的な体験と同じ体験をしていると

錯覚してしまいます。

 

不動産業界に魅力的なサービス

不動産業界にとってVRや360°の技術は非常に魅力的なツールになります。

不動産を購入、賃貸する場合、実際に物件まで足を運ぶ事が必要ですが、

せっかく足を運んだのに「無駄足」になった物件を内覧されてしまった方も非常に多いと思います。

また時間がなく今すぐに見たくても不動産業者さんに問い合わせに時間がかかったり

業者さんの休日があるなどで見る事ができない物件もあったのではないでしょうか。

こうした問題を解決できるのはVRや360°画像が掲載された物件サイトです。

内覧前にサイトでお部屋の雰囲気をみて、最後の確認で実際に物件に足を運び決断をする事ができ

物件を決めるのに無駄なく物件を探す事ができると思います。

また転勤される方や遠方の方で物件を実際に見に行く事が困難な片にも

非常にありがたいツールになると思います。

現地で物件を見なくても申込をするのが当たり前の状態になっている可能性もあるのではないでしょうか。

 

まとめ

今後、VRや360°画像を提供するサービスコンテンツは増加して行くと思います。

こうして時代の変化とともに物件を紹介する技術も上がってきているので、

競合物件よりも遡及効果を出すにはこうしたツールを旨く駆使しなけらばならないのかもしれません。

皆様も便利なシステムを利用して物件の遡及効果を少しでも上げられるようにして下さい。

 

著者:日本AMサービス 堂下 葉

360°画像でお部屋をご案内https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/06/43768957_m.jpg?fit=848%2C565https://i1.wp.com/reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/06/43768957_m.jpg?resize=150%2C150yodoshita不動産マーケットVRや360°画像などが不動産業界にも浸透しつつあります。物件を実際に現地に行かなくても雰囲気を知る事ができるのは画期的だと思います。今では完成していない物件のお部屋などのVRでイメージ画像が確認できるサービスなどもあります。下記の動画をご覧ください!こちらは20分位の作業で作成した動画になります。非常に完成度が高くお部屋の雰囲気を十分に感じられるのではないでしょうか。  VRや360°画像とは VRとはバーチャル・リアルティの訳でVRカメラなどを使って現実的にはその場にいないのに現場に行った時と同じような環境を体験できる技術になります。SONYが発売したPlaystationのスコープをご存知の方も多いと思います。スコープを取付て画像を360°方向を見る事で静止画や動画を見る事ができ、こうした技術を駆使したゲームなどで遊ぶことができます。後ろを向いても上を向いても画像が見る事ができるので現実的な体験と同じ体験をしていると錯覚してしまいます。  不動産業界に魅力的なサービス 不動産業界にとってVRや360°の技術は非常に魅力的なツールになります。不動産を購入、賃貸する場合、実際に物件まで足を運ぶ事が必要ですが、せっかく足を運んだのに「無駄足」になった物件を内覧されてしまった方も非常に多いと思います。また時間がなく今すぐに見たくても不動産業者さんに問い合わせに時間がかかったり業者さんの休日があるなどで見る事ができない物件もあったのではないでしょうか。こうした問題を解決できるのはVRや360°画像が掲載された物件サイトです。内覧前にサイトでお部屋の雰囲気をみて、最後の確認で実際に物件に足を運び決断をする事ができ物件を決めるのに無駄なく物件を探す事ができると思います。また転勤される方や遠方の方で物件を実際に見に行く事が困難な片にも非常にありがたいツールになると思います。現地で物件を見なくても申込をするのが当たり前の状態になっている可能性もあるのではないでしょうか。  まとめ 今後、VRや360°画像を提供するサービスコンテンツは増加して行くと思います。こうして時代の変化とともに物件を紹介する技術も上がってきているので、競合物件よりも遡及効果を出すにはこうしたツールを旨く駆使しなけらばならないのかもしれません。皆様も便利なシステムを利用して物件の遡及効果を少しでも上げられるようにして下さい。 著者:日本AMサービス 堂下 葉~次世代のための賃貸経営情報~
共有する