当サイトで記事にさせて頂いた新築ワンルームマンション投資

当サイトで紹介した「新築ワンルーム投資」についての記事

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

新築ワンルーム投資の成功確率は〇%
(続)新築ワンルーム投資の成功確率は〇%

かぼちゃの馬車問題(現実的でない賃料設定と明らかに高額物件の販売)やレオパレス問題(設計図通りに施工されていない、サブリース賃料問題)などを皮切りに不動産投資市場の大変革期に「不動産投資 失敗」と言うフレーズが巷を賑わせ始めています。

こうした市場の中で今でも行われている少額で手頃と言われる新築ワンルームマンション投資、しかしながら一棟アパートと同じ様に投資の失敗話が増加しています。

増加する新築ワンルームマンション 投資の相談

当社に寄せられた新築ワンルームマンション投資の例を紹介させて頂きます。

・営業マンに言われるがまま新築ワンルーム投資を購入してしまった

Aさんの例:

将来の年金のため、サラリーマン所得の節税のためと言われて購入をした新築ワンルームマンション

購入後には当初営業マンが言う節税効果などがまったく得られない事に気が付いてしまい不安しかない。

・サブリース業者の賃料が滞る事があり、銀行への返済に困っている

Bさんの例:

物件の購入時に売主の関連不動産会社がサブリース契約で賃料が保証されていたが、不動産市場の悪化によりサブリース会社の業績が悪くなり、

サブリース賃料が滞る様になってしまった。金融機関への返済で毎月8万円の持ち出しが発生している。

・購入していた収支以外に費用がかかる(原状回復費、修繕費、保険、固都税)

Cさんの例:

入居者がいれば、月々の持ち出しは数千円程度だが、一度でも空室になると空室期間中の元利金返済は持ち出し、

原状回復費用、募集費用などがかかる。毎年請求のくる固定資産税はサラリーマン所得のボーナスから支払をしている。

・将来、本当に年金代わりになるのか懐疑的

Dさんの例:

電話営業による営業マンのセールストークを信じて購入した新築ワンルームマンション投資ですが、借入金の返済が終わる25年後に

現在の賃料を維持している事やサブリース契約が継続していく事が現実的に考えられなくなってしまった。

・物件を売却をしたくても借金を返す事ができない

Eさんの例:

安易に手を出してしまった新築ワンルームマンション投資、購入してから3年目を迎えた頃に確認をしたら借入元本がまったく減っておらず

自己資金の持ち出しが発生する事が多くなったので、物件を手放す事を決意した。

インターネットで査定を行いましたが、購入額の7割程度の査定にしかならず、物件を売却するとなると借金返済のため数百万円の自己負担が必要となる。

投資は失敗かも?と思ったらまず相談

もしお持ちの物件に下記の疑問を持たれたらまずご相談下さい。

サブリース会社に賃料の督促はできるのか?

金融機関への返済猶予は可能なのか?

不動産投資で自己破産をする事はできるのか?

当社で実際に新築ワンルーム投資を行った方の相談を受けると多くの方が

蓋を開けてみると「相談できる人がいなかった」と言います。

早めに相談をしてくれたら様々な打開策はありますが、

どうしようもなくなったとしても何かしらの打開策はあります。

なるべく早めに相談をして選択肢が多い中で動いて頂く事をお勧めします。

殆どの方が相談をして精神的ストレスから解放され気持ちが楽になったと言います。

無料相談の流れ

お電話の場合:03-5623-2325 「新築ワンルームマンション投資の件で」とお伝え下さい。

メールの場合: info@japan-am-service.com宛てに

件名「新築ワンルームマンション投資」と入力して頂き詳細をお伝え下さい。

お問い合わせフォームは下記をクリック下さい。

「新築ワンルームマンション投資相談窓口」

①物件の情報、債務額、お仕事、年齢、資産状況などをヒアリングさせて頂きます。

②物件のキャッシュフローの将来性や現状のキャッシュフローの確認をさせて頂きます。

③ 上記を踏まえて今後の対応策を提案させて頂きます。

※面談は弁護士事務所で行います。また初回の相談料は無料となりますので、ご安心下さい※

自己破産 新築ワンルーム投資https://reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2018/08/47687058_l-1024x1024.jpg https://reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2018/08/47687058_l-150x150.jpg yodoshita不動産マーケット不動産法務当サイトで記事にさせて頂いた新築ワンルームマンション投資 当サイトで紹介した「新築ワンルーム投資」についての記事 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ http://reibee.japan-am-service.com/%E6%96%B0%E7%AF%89%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E6%88%90%E5%8A%9F%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%81%AF%E3%80%87%EF%BC%85/ 新築ワンルーム投資の成功確率は〇% http://reibee.japan-am-service.com/%EF%BC%88%E7%B6%9A%EF%BC%89%E6%96%B0%E7%AF%89%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E6%88%90%E5%8A%9F%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%81%AF%E3%80%87%EF%BC%85/ (続)新築ワンルーム投資の成功確率は〇% かぼちゃの馬車問題(現実的でない賃料設定と明らかに高額物件の販売)やレオパレス問題(設計図通りに施工されていない、サブリース賃料問題)などを皮切りに不動産投資市場の大変革期に「不動産投資 失敗」と言うフレーズが巷を賑わせ始めています。 こうした市場の中で今でも行われている少額で手頃と言われる新築ワンルームマンション投資、しかしながら一棟アパートと同じ様に投資の失敗話が増加しています。 増加する新築ワンルームマンション 投資の相談 当社に寄せられた新築ワンルームマンション投資の例を紹介させて頂きます。 ・営業マンに言われるがまま新築ワンルーム投資を購入してしまった Aさんの例: 将来の年金のため、サラリーマン所得の節税のためと言われて購入をした新築ワンルームマンション 購入後には当初営業マンが言う節税効果などがまったく得られない事に気が付いてしまい不安しかない。 ・サブリース業者の賃料が滞る事があり、銀行への返済に困っている Bさんの例: 物件の購入時に売主の関連不動産会社がサブリース契約で賃料が保証されていたが、不動産市場の悪化によりサブリース会社の業績が悪くなり、 サブリース賃料が滞る様になってしまった。金融機関への返済で毎月8万円の持ち出しが発生している。 ・購入していた収支以外に費用がかかる(原状回復費、修繕費、保険、固都税) Cさんの例: 入居者がいれば、月々の持ち出しは数千円程度だが、一度でも空室になると空室期間中の元利金返済は持ち出し、 原状回復費用、募集費用などがかかる。毎年請求のくる固定資産税はサラリーマン所得のボーナスから支払をしている。 ・将来、本当に年金代わりになるのか懐疑的 Dさんの例: 電話営業による営業マンのセールストークを信じて購入した新築ワンルームマンション投資ですが、借入金の返済が終わる25年後に 現在の賃料を維持している事やサブリース契約が継続していく事が現実的に考えられなくなってしまった。 ・物件を売却をしたくても借金を返す事ができない Eさんの例: 安易に手を出してしまった新築ワンルームマンション投資、購入してから3年目を迎えた頃に確認をしたら借入元本がまったく減っておらず 自己資金の持ち出しが発生する事が多くなったので、物件を手放す事を決意した。 インターネットで査定を行いましたが、購入額の7割程度の査定にしかならず、物件を売却するとなると借金返済のため数百万円の自己負担が必要となる。 投資は失敗かも?と思ったらまず相談 もしお持ちの物件に下記の疑問を持たれたらまずご相談下さい。 サブリース会社に賃料の督促はできるのか? 金融機関への返済猶予は可能なのか? 不動産投資で自己破産をする事はできるのか? 当社で実際に新築ワンルーム投資を行った方の相談を受けると多くの方が 蓋を開けてみると「相談できる人がいなかった」と言います。 早めに相談をしてくれたら様々な打開策はありますが、 どうしようもなくなったとしても何かしらの打開策はあります。 なるべく早めに相談をして選択肢が多い中で動いて頂く事をお勧めします。 殆どの方が相談をして精神的ストレスから解放され気持ちが楽になったと言います。 無料相談の流れ お電話の場合:03-5623-2325 「新築ワンルームマンション投資の件で」とお伝え下さい。 メールの場合: info@japan-am-service.com宛てに 件名「新築ワンルームマンション投資」と入力して頂き詳細をお伝え下さい。 お問い合わせフォームは下記をクリック下さい。 http://reibee.japan-am-service.com/contact-us/ 「新築ワンルームマンション投資相談窓口」 ①物件の情報、債務額、お仕事、年齢、資産状況などをヒアリングさせて頂きます。 ②物件のキャッシュフローの将来性や現状のキャッシュフローの確認をさせて頂きます。 ③ 上記を踏まえて今後の対応策を提案させて頂きます。 ※面談は弁護士事務所で行います。また初回の相談料は無料となりますので、ご安心下さい※不動産投資成功のヒントをお届けします!
共有する