不動産投資における利益は得る方法は2つあります

 

「キャピタルゲイン」

物件を売却して利益を得ること

(物件売却価額-売却経費)-(物件購入価格+購入経費-減価償却費)

 

「インカムゲイン」

不動産投資を行っている間に発生する利益のこと

賃料収入等-(管理費+修繕費+利息+保険料+減価償却費など)

(写真=123RF)

しかしながら、既に法定耐用年数が経過した物件ですと購入後の減価償却は

 

数年と限られているため、一定の期間が経過すると、キャッシュフローが悪化します。

 

ではその時にどうすれば良いか、

 

①減価償却が取れる資産を購入する

 

②売却をする

 

この2点が基本だと思いますが、

 

でもここで考えなくては行けないのは売るタイミング、買うタイミングです。

 

購入価格よりも安くしか売れないのであれば売らないだろうし、

 

割高な物件だと買わないだろうし、

 

悩ましい所です。

 

ここで市場に着目してみましょう。

 

不動産には売り時、買い時が現状の市場ではあります。

 

面白いようにその流れがあるのですが、

 

この流れに乗る事もも不動産投資を行う上で重要な要素となります。

 

今の市場は完全に売り手市場になっています。

 

わずか1年程度で分譲マンションは2割程あがっています、

 

投資用物件の場合も同様です。

 

まずはどのくらいの金額で売却する事ができるか知る事で、

今後の戦略も立てられると思います。

 

正直な事を言ってしまうと、賢い人は売却に動いている方で、

今購入をしようとしている方は、恐らく不動産投資はやめた方が良いと思います。

 

多くの知人も今が売り時だと考えて売却に動いています、

 

7年前に購入した分譲マンションが購入価格よりも1.5倍近い市場価格になっています、

売却がうまくいけばその知人には数千万円のお金が手元に残ります。

 

「それでも売却しません」と色々な事に拘っている方に言いたくなります。

 

マンション1部屋で数千万円の利益、こんな事が身近に起こるのが不動産で、

 

だからこそ動く時に動く事が大切です。

 

自分の家を投資として考える、そこまでできれば不動産投資家に向いている方なのかもしれませんね、

今後不動産投資を考えている方でもし自宅を保有している方がいましたら、

 

「今売却していくら手元に残るか」考えてみて下さい。

 

数千万円残れば投資用物件を購入する際に、かなりのプラスになります。

 

ここで「住居はどうするの」と言う方もいますが、賃貸に住めばよいだけです。

 

数千万円の手残りは賃料の何年分ですかね、、、、、

 

この時期だからできる事、逃さない様にして下さい。

キャピタルゲインとインカムゲインhttp://reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/02/6363422_m.jpghttp://reibee.japan-am-service.com/wp-content/uploads/2017/02/6363422_m-150x150.jpgyodoshita不動産マーケット不動産売買賃貸経営インカムゲイン,キャピタルゲイン不動産投資における利益は得る方法は2つあります   「キャピタルゲイン」 物件を売却して利益を得ること (物件売却価額-売却経費)-(物件購入価格+購入経費-減価償却費)   「インカムゲイン」 不動産投資を行っている間に発生する利益のこと 賃料収入等-(管理費+修繕費+利息+保険料+減価償却費など) (写真=123RF) しかしながら、既に法定耐用年数が経過した物件ですと購入後の減価償却は   数年と限られているため、一定の期間が経過すると、キャッシュフローが悪化します。   ではその時にどうすれば良いか、   ①減価償却が取れる資産を購入する   ②売却をする   この2点が基本だと思いますが、   でもここで考えなくては行けないのは売るタイミング、買うタイミングです。   購入価格よりも安くしか売れないのであれば売らないだろうし、   割高な物件だと買わないだろうし、   悩ましい所です。   ここで市場に着目してみましょう。   不動産には売り時、買い時が現状の市場ではあります。   面白いようにその流れがあるのですが、   この流れに乗る事もも不動産投資を行う上で重要な要素となります。   今の市場は完全に売り手市場になっています。   わずか1年程度で分譲マンションは2割程あがっています、   投資用物件の場合も同様です。   まずはどのくらいの金額で売却する事ができるか知る事で、 今後の戦略も立てられると思います。   正直な事を言ってしまうと、賢い人は売却に動いている方で、 今購入をしようとしている方は、恐らく不動産投資はやめた方が良いと思います。   多くの知人も今が売り時だと考えて売却に動いています、   7年前に購入した分譲マンションが購入価格よりも1.5倍近い市場価格になっています、 売却がうまくいけばその知人には数千万円のお金が手元に残ります。   「それでも売却しません」と色々な事に拘っている方に言いたくなります。   マンション1部屋で数千万円の利益、こんな事が身近に起こるのが不動産で、   だからこそ動く時に動く事が大切です。   自分の家を投資として考える、そこまでできれば不動産投資家に向いている方なのかもしれませんね、 今後不動産投資を考えている方でもし自宅を保有している方がいましたら、   「今売却していくら手元に残るか」考えてみて下さい。   数千万円残れば投資用物件を購入する際に、かなりのプラスになります。   ここで「住居はどうするの」と言う方もいますが、賃貸に住めばよいだけです。   数千万円の手残りは賃料の何年分ですかね、、、、、   この時期だからできる事、逃さない様にして下さい。不動産投資成功のヒントをお届けします!
共有する